ryocca > ryocca's relaxin' records

ダニ・カラヴァン

| コメント(0)
このブログを始める時、出来るだけ仕事の事は書かないようにしようと決めて始めた訳なのだけれど、気がつくと朝起きてから夜寝るまで、ほとんどの時間を仕事に関わっているから、結局書く事がなくなってしまうんだ。こうやってだんだんとつまんないヤツになってるんだろうな、なんて思って、移動中にいろんな人にメールとか送ってみた。
なんて、ネガティブに始めてみました。

先日、世田谷美術館にダニ・カラヴァン展を見に行った訳だけど、最近やたらと名前を耳にして、TVなんかに出てたりして、あ、まだご健在の方だったのね、なんて思いながら、なんか用務員のおじさんっぽくてちょっとがっかりしました。
彼の作品は、なんだか普通っぽいのに存在感があってちょっと嫉妬する。
ニヒルで、時に皮肉っぽくて、例えるなら枯山水のような、どんなものも寄せ付けないようなオーラがあって、この世に生命が誕生する前の自然そのもの。
どこが良いの?と問われると、なんとなく、としか答えられないけど、建築だったり、彫刻だったり、壁画だったり、レリーフだったり、絵だったり、舞台美術だったり・・・とにかく湧き出てくるイマジネーションを形にしようとするクリエイティビティに憧れるのであります。

そして普通に過ごす金曜日ってちょっと贅沢な気がする。
んでもって、松屋の牛メシ食ってちょっと後悔。

コメントする